ネット上の溢れる情報の中から驚愕なものを厳選してお届け!!

10年間という時間を男女の視点で考えてみた

この記事は約 5 分で読めます。

つい先日、10年前に大人気だったお笑い芸人コンビが、久々に地上波で2人揃って放映されました。

もう誰のことだかわかりますよね?

10年間というプランク。

芸能界だと、復帰は難しいと思うのですが、男性お笑いコンビの場合だと、そんなに違和感なく復帰できてしまうように思います。

10年間という過ぎ去った時間。

今回は、この時間のギャップについて、男女それぞれの視点から考えてみました。






10年間がいかに長いようで短いものなのか

まず、今回はあなた自身の回想からスタートしましょう。

10年前の記憶って残っていますでしょうか?

あなたが35歳ならば、25歳の記憶です。

では、更にその10年前はどうでしょう?

15歳の記憶です。

現在、46歳の私ですが、私自身、35歳、25歳、15歳の頃の記憶はハッキリと残っています。

同時、よく聞いていた音楽、見ていたテレビ番組、主に誰と過ごし、衣食住を共にしていたのか?

クッキリ、ハッキリと覚えています。

個人差はあるにしても、せめて10年前の記憶程度でしたら、ハッキリと覚えているのではないでしょうか?
「そんなことないなぁ〜」
と思われたあなたは、カラオケに行って、今から10年前のヒット曲を流してみるとわかると思いますよ♪

上手い下手はあるにせよ、鼻歌程度でしたら、そこそこ歌える自分に気づくことができると思います。

10年間は長いようで、実はとても短いものなのです。
以下のYahoo!知恵袋の記事も、時間に関する捉え方をとても的確にまとめられていますので、ご参考になさってみてくださいね♪

大人は時間が経つのが速く感じられて、子供は遅く感じられる。なぜそのような現象が発生するのか?

Yahoo!知恵袋より







男女の違いによる絶対的時間の感覚

ここは、男性の私がいうのも何ですが、不公平だなぁ〜って思います。

女性の場合は、まず絶対的に時間を気にするのが婚期だと思います。

理由は、男性の私から敢えて言う必要はございませんよね?

男性は、この点に関してはほぼ無関係と言ってしまえるわけです。

英国の超大物の某ビッグバンドのボーカルが、73歳という年齢で父親になったことは、世界を驚かせましたよね?

ちなみに、男性の最高齢で父親になられたお方は、インド人男性で94歳とのことです。

驚き以外、何者でもありませんよね?

また、女性の場合は、美に関しても、時間との関係を強く感じてしまうのではないでしょうか?

ここも、男性とは明らかに違う側面だと思います。

男性は、シワが生きた証としてカッコよく評価されたりしますので不思議なものです。

10年間が一瞬の点にすぎないという証明

ここで、更に10年があっというまということを感じていただきたいと思います。

それは地球年齢を知ることで理解出来ます。

ご存知ですよね?

私達が住むこの地球という星の年齢。
46億年
なんですよね。

もう100年なんて誤差の範疇なわけです。

ということは、我々の寿命も長くても100年程度、地球から見たら小さな点にすぎないのです。

こんなことを書くと、10年間の議論をしていることがなんだか微笑ましく感じませんか?

つまりですね、私達は明るく歳を取って行くわけです。

そして、一瞬でお星様になっちゃうんだなって…。

だったら、1日1日をシッカリと噛み締めて、小さなことにクヨクヨ悩むこともなんだら馬鹿馬鹿しいなって思ってしまう私なのでした。


時は金なり?違います‼︎時は○○なりです!

今回は長くなってしまいましたが、とても大切なテーマだと思いますので、最後までシッカリとお読みくださいね♪
時は金なり
誰もが知っている常識的な諺(ことわざ)ですが、この言葉を紐解くと、実は、、
時は健康なり

に辿り着くと思います。

それは、

  1. 健康
  2. 時間
  3. お金
という、私達が生きる上で必要なこの3つの要素を考えみるとわかっていただけます。

それぞれに対する価値を考察してみましょう。
○○○お金○○○

健在的に、一番我々が欲しいと感じるもの、それがお金だと思います。

お金が無ければ何も出来ません。

このことをNOという人を、私は信用しません。
○○○時間○○○

『時は金なり』有名な諺があるほど、時間はお金相当、いえいえ、お金以上に価値あるものです。

これから先の時間をお金で買うことだって出来ますが(例えば、いつも鈍行列車に乗っていたのを、お金を出して新幹線に変えることで移動時間が短縮できますよね?よって、この短縮時間をお金で買ったと考えることが出来ます)、過ぎ去った時間はいくらお金を積んでも買うことは出来ません。

時間はお金以上に価値あるものなのです。 
○○○健康○○○

最後は、健康です。

この価値を確認することは簡単です。

あなたが、もしも余命宣告されたとします。

しかも、重度の病に侵されていたとします。

死を宣告されたあなたの体に激痛が走る中で、時間とお金は必要でしょうか?

この短い話だけで、健康の尊さを感じ、健康に勝る価値などないとご理解いただけることでしょう。

以上、私達が生きる上で必要不可欠な価値に関するお話しをお届けしました。

なぜ、「お金」「時間」「健康」の順にお話しをしたのかわかりましたでしょうか?

この順番に価値が高まって行くことを感じていただきたかったからです。

つまり、
“時は健康なり”
私はあなたに、このことをお伝えしたかったのです♪
まとめ
10年間という時間を男女の視点で考えてみました。

まとめは、たった一言です。
“今を大切に生きよう”
それてはまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!