【2019年度最新版】ネットワークビジネス(MLM)選定の9つのポイント(理由)



<<vivitterオリジナル広告>>

「びび太の部屋」LINE@がオープン♪♪
ただいま、究極のネットビジネス
(※堅い権利収入が作れます)の
音声レポートを期限限定にて
無料プレゼントしています!!
↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加


SponsordLink



↓↓↓2つのCLICK協力お願いします↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スピリチュアルランキング
↑↑↑びび太は今何位??↑↑↑

びび太です。

今回は、『ネットワークビジネス(MLM)選定の9つのポイント(理由)』と題して、情報をお届けします。

 

近年になり、急にネットワークビジネス(MLM)業界がまた賑やかになっています。

私の住む某都市にも、私の知る限り今年だけでも2社の新たなMLM企業が立ち上がり、ド派手なグランドオープンセレモニーがあったりしました。
※私は、友達がこのうちの1社のトップディストリビューターですので、ゲストで参加してお祝いに駆け付けました。*^^*

それから、ビットクラブ(bitclub)という仮想通貨のマイニングサーバーを購入するMLMがあったのですが(今もありますw)、ここ数年のビットコイン(bitcoin)の停滞に伴い、マイニングコストが掛かりすぎるようになったために、そのトップリーダー達が、別の類似したMLMを流行らせていたりします(「Jubilee Ace」や「VCI」等)。

それからそれから、ネット上で大ブレイクしたワールドベンチャーズ(World Ventures)という世界格安旅行のMLMがあるのですが、これに付随して、インクルーズ(inCruises)やJIFUトラベルという同じく旅行系MLMも流行ってきています(ちなみに、私は個人的にはインクルーズは良いと思いました。WVは完全アウトですw)。※WVがアウトな理由は、当サイトの『MLM解体新書』をお読みください。理由がお分かりいただけると思います。

 

また、MLMが再びブレイクし始めた理由として、昨今、ネットビジネスで稼げなくなった人達が増えきたことも挙げられます。

ネットビジネスで稼げなくなった人の中には、普通のサラリーマンに戻ったり、トラックの運転手をやったり、宅配便の配達人になったりと様々なのですが、アフィリエイトの元祖はMLMなので(仕組みも似てますよね)、MLMを始める方も増えて来ているのです。

 

なぜ、ネットビジネスで稼ぐことが出来なくなったのか、その理由をいくつかご紹介しておきます。

 

まず、情報商材系の高額塾をプロダクトローンチという手法を使って販売していた輩が先日遂に逮捕されました。

これは、FXの投資案件を扱ったもので、中身は完全に詐欺商材だったのです。

まあ、ほとんど多くの情報商材は、私が見る限りでは9割以上がほぼ詐欺に近いものだと思いますけどね…。

この事件以降、情報商材を扱う情報系アフィリエイターという人達が激減しました。

 

しかしながら、情報商材系のネットビジネスだけでなく、“まともなネットビジネス” も、近年悲惨な状況となっています。

例えば、SEO対策が必要なサイトアフィリです。

これは、Googleの検索エンジンのアルゴリズムが、ここ数年で大幅に改修(アップデート)され、化粧品やサプリメント等のアフィリエイトサイトが、検索ランキングの上位に表示されなくなった(※このことを、“ランキング圏外に飛ばされた” と言います)ために、多くのまともなアフィリエイターさん達がネットビジネス業界から撤退せざるを得ない状況になってしまったのです。

それから、広告出稿をしてアフィリエイトで稼ぐ手法の中にPPC(Pay Per Click)という手法があるのですが、PPCといえば、『Yahooプロモーション広告』がPPCアフィリエイターさんの中では主流だったにも関わらず、ヤフーがいきなりPPCを廃止にしてしまいました。これも、アフィリエイターにとっては、かなりの痛手となっています。GoogleのPPCは、まだ利用することが出来るのですが、ここも時間の問題のように思えています。なぜならば、個人のアフィリエイターのPPC広告は、過剰トークで顧客の心理を煽ったりしていて、劣悪なペラサイト(薄っぺらな1記事のみで構成されたサイトのこと)が今だに蔓延っているからです。

 

このように、ネットビジネス業界は、完全に真冬の時代へと突入しており、全く春が見えない状況に陥っているのです。

この記事を読まれてる方の中にも、アフィリエイト業界に凝りて、ネット上を彷徨っていたら私のサイトに出会ったなんていうお方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

そして、、

 

「一体、どのネットワークビジネス(MLM)を私は選べば良いの?」

 

と悩まれているではないでしょうか??

 

もしくは、今、何かのMLMに携わっていて、この先、本当にこのMLMに、自分の大切な時間とお金を投資しても大丈夫かしら?と不安に思われているお方もきっといらっしゃることでしょう。

 

そこで、MLM歴15年、ネットビジネス歴7年の私・びび太が、

 

【ネットワークビジネス(MLM)選定の9つのポイント(理由)】

 

と題して、あなたがMLMをお選びになる際の以下の9つのポイントを徹底解説させていただきます。

 




  1. 成長期にあるか?
  2. 唯一無二か?
  3. 市場性が広いか?
  4. 長年に渡る日本国内での実績(臨床値や体感等)があるか?
  5. 知名度が低いか?
  6. 変わらないものか?
  7. 報酬を得やすいものか?
  8. 会社の人達や参加者の人達は人間性に優れているか?
  9. そのMLMチームは、ネット戦略を展開しているか?




 

是非、紙と鉛筆をご用意いただき、あなたが選んだMLMが、これから私がお伝えする9つのポイントに合致しているのかチェックなさってみてくださいね♪^^

では、参りましょう!

 

①成長期にあるか?

まず最初に、このことを掲げさせていただきました。

企業には成長カーブ(「企業成長のS字曲線」とも言います)というものがあり、「黎明期」⇒「成長期」⇒「低迷期(停滞期)」という風に、企業成長の状態が遷移していきます。


もしも、あなたの参画しているMLMが、上図の「低迷期」だった場合、あなたがいくら創意工夫を凝らして、そのMLM企業の売上を伸ばそうと必死になっても、それは下りのエスカレーターに乗って上を目指しているようなもので、なかなか思うように成果を挙げることなんてできません。

また、あなたのMLMが「黎明期」であった場合、いつその暗闇から抜け出せる(「成長期」に入る)のかは、これまた誰にもわかりません。

実は、何を隠そう、私自身が過去に携わっていた外資系MLM企業では、私が参画した時点で思いっきり低迷期に突入していました

私は、このことを全く知らされてなく、「自分の参加したMLMは凄いんだ!」と、その会社の雰囲気とアップラインの情報のみで判断していました。

しかしながら、年々、このMLM企業に参画する人達が減少して行ったわけです。

「これはオカシイぞ…」と思い、自分自身でこのMLM企業の売上を調べたところ、完全に「低迷期」に突入していることが分かり、それ以降も売上は今現在に至るまでずっと下降し続けているという現実を知ったのです。

そのMLM企業の日本の売上は、最高時に比べておよそ1/3までダウンしています。

ということは、日本市場だけでMLM組織を作っていた場合、トップリーダークラスのコミッションもこれに追従し、1/3までダウンしているということになります。

当時、私の知っている月収で1000万近くを獲得していたチームリーダーも、おそらく今では月収300万円台にダウンしていることでしょうし、この売上ダウンがこの先で右肩上がりのⅤ字の上昇を果たすのがいつになるのか?もしくは、このまま下降の一途を辿るのではないか?とさえ思ってしまいます。

ちなみに、私は今では起業家の顔以外に、個人投資家という顔も持っていまして、株価や為替のチャートをよく見ますし、実際トレードもやります。

これらの株式や為替の相場で良く使われる用語に、『トレンド』というものがあって、相場が上向きになることを「上昇トレンド」、下向きになることを「下降トレンド」と呼びます。

このうちの「下降トレンド」というものは、”ブル” (熊の手)とも言って、下がり始めると相場は勢いを付けて下降し続けます。

こうなると、反転して上昇する可能性は極めて低くなります。

これと、企業の業績はとても良く似ていると思います。

つまり、下降トレンドで売上を形成している(要は、売上が年々ダウンし続けている)MLM企業には、安易に乗るべきではないということです。

どんなMLM企業を選べば良いのか?それは、以下のように成長カーブの「黎明期」から「成長期」に入った瞬間のMLM企業を選べば良いのです。※ここ、超重要です!

そして、順張りで一気に売上を伸ばし、同時にあなたのコミッションも上昇させるのです。

 


 

当然ですが、私・びび太は、VISで上記のポイントにあるMLM企業と提携しています。

 

②唯一無二か?

次に、そのMLM企業の取り扱っているサービスや製品についてです。

これは、絶対に唯一無二でなければなりません。

この時点で、残念ながらサービス系MLM()は消えます。

※:投資系(仮想通貨含む)や旅行、保険、共済といった類のMLMです。

なぜならば、これらサービス系MLMと呼ばれるものは、物理的な形が無い(手に取れるものでない)ため、財力さえあれば、少し知恵を働かせて更に良いサービスを組み込み、後発組MLMとしてオープンさせることで、そのサービスと同じサービス系MLMを出し抜くことが出来るわけです。

現に、WVは、インクルーズにボロカスにやられ始めていますし(WVは旅行ポイントが1年で消滅するのに対し、インクルーズは旅行ポイントが消滅しないため)、保険のMLMも更にサービス内容の良い後発系MLMにパイを取られてきたのを私は見てきました。

要するに、数のカラクリ(組合せです。要は確率の計算)で、サービス系MLMは何とでもなるわけです。後からライバルにヤラれるリスクが高いために、継続的な権利収入にはならないわけです。

投資系MLMなんて、もろに数のカラクリビジネスだと私は思っています。※まあ、短期でサッと稼ぎ抜くことを目的としているのであれば、それも良いとは思いますけどね。

 

やっぱり、MLMは物販系が良いです。

未来永劫、愛される製品がベストです。

例えば、MLMではないのですが、養命酒なんて凄くないですか?


名前もラベルも、何一つ変えずにずっと国民に愛され続けていますよね?

私の亡くなったばあちゃんも、亡くなる直前までずっと養命酒を愛し続けていました。

もしも、私は養命酒がMLM企業化するという情報が入ったら、真っ先に飛び付きますよw

他は、ミキプルーンです。


ミキプルーンは、三木商事さんがMLMとして扱っている商品です。

ミキプルーンも姿形を変えずに、ずっと同じ製品を流通させ続けています。

私が中学時代(今から30年以上前)に、母から飲まされていたものがミキプルーンだったわけですが、同じ製品が今だに何一つ変えることなく、三木商事で取り扱われているわけです。

まあ、三木商事さんは、既に成長期ではないので、私がMLMを始める上での選択肢からは外れますが、もしも、今、成長期に入る段階だったら一考の余地はありますよね。

 

ここで、サプリメントにフォーカスしてお話をしましょう。

 

前述した養命酒もミキプルーンもサプリメントに属します。

しかし、両者共に、とてもユニーク性に富んだ製品ですよね。

他社に類似した製品がありません。

このようなものが、MLMには向いています。

要は、他社に無いものなので、浮気されないわけです。

ところが、マルチビタミンやマルチミネラルといったサプリメントだとどうでしょうか?

大手外資系MLMで超有名なアムウェイさんやニュースキンさん。

共に主力製品は、このビタミン剤やミネラル剤です。

アムウェイさんは「トリプルX」、ニュースキンさんは「ライフパック」という名前のマルチビタミン/マルチミネラルのサプリメントが主力製品となっています。

確かに、この二大巨頭のサプリメントは人気です。

しかし、売上は確実に下降の一途を辿っています。

特に、ニュースキンさんの売上は、下げ幅が激しいです(下図参照)。


先ほど①で述べた成長カーブのどこに位置しているのかは、一目瞭然ですよね。

この理由は、ライバルが多すぎるからです。

ニュースキンさんのライバルは、インターネット市場が賑わう前までは、アムウェイさんが主でしたが、その後の後発外資系MLM企業も、どこも様々な類似したサプリメントを掲げて日本市場に上陸してきたため、ライバルだらけになってしまいました。

もともと、MLMというのは、ビタミン剤のような毎日摂取する必要のある日常消耗品と相性が良いため、当然、後発組企業も同様にビタミン剤等のサプリメントを引っ提げて勝負を仕掛けて来るのは当然といえば当然ですよね。

そして、更に売上を下降させる原因となったのが、インターネットが登場したからなのです。

ネット上では今、アムウェイさんやニュースキンさんが取り扱っている製品の類似品が横行しまくっています。








しかも、それら製品は、ネット上に沢山いる個人で広告の代理店事業を営んでいる、いわゆるアフィリエイターさんへ広告料を支払って、SNSやWebサイト、FacebookやTwitter等にバンバン広告を出しまくっています。※あなたも良く見るでしょう?

これら、個人のアフィリエイターさんは、とにかく広告の出し方が上手いんです。

ランキングサイトなんて朝飯前に一瞬で作ってしまいます。


そこで、第1位のサプリメントとして、アフィリエイト報酬が高い企業の製品を掲載するわけです。

その広告を見た1億人のネットユーザーは、迷わずに第1位にランキングされたサプリメントを購入するわけです。

他にも楽天やAmazonでも、アムウェイさんやニュースキンさんの主力製品の類似品がバンバン売られていますので、当たり前のようにリアル口コミのMLM製品の売上は軒並みダウンするのは誰が考えても分かることですよねww

 

つまり、

 

サプリメントのように類似製品があるような
物販系MLMには参画してはいけない

 

ということです。

類似品が多いサプリメントとして、マルチビタミンやマルチミネラルを挙げましたが、他にも以下のようなサプリメントを持つMLM企業でビジネスをやるのは厳しいと思います。

 
  • DHA/EPA
  • 乳酸菌
  • 食物繊維
  • ルテイン
  • 酵素ドリンク
  • 水素水
  • プロテイン系 等々
 

ちなみに、私・びび太がVISで提携しているMLM企業は、サプリメントではありませんが『日常消耗品』なのです。

興味ありませんか?*^^*

 

③市場性が広いか?

次に、市場性についてお話します。

ここで、一番に挙げることは、

老若男女問わずに必要とされているものか?

 

ということです。

この時点でも、サービス系MLMの多くは脱落します。

世界旅行なんて忙しい日本人の方が、そんなに気軽に行けるわけないですよね。

また、世界旅行を旅したいというのは、若い世代にはニーズがあっても、高齢者にはニーズがありません。

もっと日本の美しい景色を、国内の名湯の温泉に浸かりながら、ユックリと観たいというニーズの方が遥かに高いですよね♪

他、化粧品を全面に出しているMLM企業もアウトです。

今、日本は少子高齢化であることは全国民が知っています。

 

『美』よりも『健康』なのです。

 

20代や30代よりも、60代や70代なのです。

そして、60代、70代の方々が必要とされる健康にニーズのあるものは、ビジネスとして20代や30代の方も取り扱いたいと思いますよね?

それは、20代、30代の方のご両親や祖父母にも、その健康ニーズのあるものを勧められるからです。

これが『美』をニーズとしたものであった場合、20代、30代の方は、60代、70代の方には勧められません。

20代、30代の方々の中だけで、必要とされるもの、それが『美』だからです。

しかし、更に言ってしまうと、20代、30代は、日用消耗品となる化粧品の『美』よりも、洋服にお洒落をしたいというニーズの方が高いのです。

化粧品は、まだまだ潤いのある肌を持っている20代、30代(特に20代)には、まだまだ響かないのです。

百均の化粧品で、充分だと思っている若者はまだまだ多いのです。※おそらく8割以上だと思いますよ

 

「そんなことないでしょう。
60代、70代の方にも、美のニーズはありますよ!」

SponsordLink

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私は、“必要不可欠なものとは何か?” をあなたへ問っています。

『美容』に掛けるお金と、『健康』に掛けるお金、60代、70代の方々はどちらにお金を使いたいと思うでしょう?

日本人の人口ピラミッドで一番多い人口層である60代、70代は、最もお金を持っている層です。

この層の方々が、一番必要としているものは『健康』だということに気づいてください。

 




(補足)《老舗大手外資系MLMのマーケットの実態とは?》

アムウェイさんやニュースキンさんのような大手外資系MLM企業は、多くの国に展開しています。
世界何十カ国に展開しているのが当たり前になっています。
このような場合、日本は米国本社から見ると支社や支店に過ぎません。
このために、日本市場に特化した製品ラインナップではなく、世界共通の製品ラインナップにどうしてもなってしまうわけです。
MLMを世界展開した場合、まだMLMの文化の無い国(東南アジア等)では、売上が鰻上りに上がります。
そして、このような国は、人口ピラミッドが’80年代の日本のように△型となっているため、若者向けの製品、つまり化粧品を中心とした製品ラインナップの方が良いのです。
このために、既にパイの少ない日本では、もう売上を上げることが出来ないと思われてしまっているわけです。
日本は今、▽型の人口ピラミッドを呈しているので高齢者向けの健康に関する製品を主とした製品ラインナップにすれば、もしかしたらもっと大手外資系MLM企業も売上を上げることが出来るのではないかなと私は個人的に感じています。




 

それから、60代、70代のシニアの層の方々は、コミュニティを大切にします。

人と人との繋がりを重んじます。

特にシニアな女性ほど、その傾向は強いです。

 

つまり、“60代以上の女性にウケる健康に訴求できる製品”、これが重要だということです。

 

④長年に渡って日本国内での実績(臨床値や体感等)があるか?

日本人は、用心深い人種です。

他国で流行ったものだからと言って、“今の” 日本人は飛び付いたりしません

 

シッカリと、日本国内でお墨付きのある実績を持った製品であることが重要です。

 

このように述べると、アムウェイさんやニュースキンさんのような海外MLM企業の製品は、日本上陸前、まだ製品が手元に届く前から会員数を劇的に伸ばしたので、矛盾しているのではないか?と思われる昭和生まれの方もいらっしゃると思います。

これは、1980年代当時、まだインターネットも無く、ビジネスと言えば、労働的な仕事を行うことが当たり前の時代だったこともあり、製品の良さ云々よりもこれまでに類を見ないビジネスチャンスとして捉える方々が多かったために、初年度128億円(ニュースキンの場合)等といった記録的な数字を叩き出せていたのです。

インターネット上に様々な情報が飛び交う今の時代では、我々個人が比較的容易に様々な情報を入手できるため、人は皆、用心深くなっているため、アムウェイさんやニュースキンさんのような日本市場オープン前のような劇的な結果を出すことは不可能なわけです。

ですので、今の国民全員が用心深くなった時代では、医学に基づく臨床データがあるのは当たり前で、更にその製品をご愛用されている方々からの数多くの体感(体感率9割以上のあるものが望ましい)があるものが良いのです。


最近は、インターネットの普及に伴い、海外の情報等が比較的入り易くなりましたし、既に海外に移住しているネットビジネス成功者も増えてきており、諸外国の情報をお金の力を使って日本国民に宣伝する海外在住の日本人(蝶乃舞さん等)も出てきました。

そして、このようなアジア諸国でブレイクしたもので、まだ日本には未上陸ということもあり、ブルーオーシャン市場という言葉を使って海外MLMの情報を、ド派手な広告を打ち立てて日本国民に大々的に捲し立てる人達もいます。

しかし、実際にはそのような海外MLMで成功したという日本人を私は見たことがありません。

また、そのような情報を流している人達は、数ヶ月後には、仮想通貨の怪しいMLMをやっていたりします。

諸外国で流行ったので、日本で流行るとは言えないのです。

これは、決してブルーオーシャン市場でもありません。

現在の慎重派な日本人が、安易に手を出すはずがないのです。

本当のブルーオーシャンとは、水面下で実績が積まれているにも関わらず、周囲に知られていないものだと思います。

これを、『完全なるブルーオーシャン』と呼ばせていただきます。

 

VISは、当然ですが、この『完全なるブルーオーシャン』市場を持つ国内MLM企業と提携しているのです。

 

⑤知名度が低いか?

 


 

知名度が低いことは、非常に重要です。

誰でも知っているMLM会社である場合、企業名を出した瞬間に相手の反応がトーンダウンすることが往々にあります。

アムウェイさんやニュースキンさんの場合、どんなにその製品が良くても、知名度が高いために「なぜ、今さらその情報なの?」と思われて一蹴されるのが関の山です。

きちんと情報を知ってもらえさえすれば、今からでも充分に可能性のある情報だったとしても、相手がきちんと情報を知ろうと心を開いてくれない限り、それはビジネスとして成立しないのです。

それだけ『知名度』というものは、ビジネスにインパクトを与えます。

リアルでもネットでも知名度が低いもの、これもMLM選定の重要なポイントとなります。

VISは、当然、この辺りのリサーチも調査済で、知名度が低いMLM企業と提携しています。

⑥変わらないものか?

 


これは「②唯一無二か?」で述べたことと似ていますが、少し視点が異なります。

ここで述べたいことは、最初から絶対的に良いものであれば、新製品はおろか、改良(バージョンアップ)された製品すらもリリースする必要は無いと考えられ、その最初の製品だけでずっと長く勝負が出来るということを言いたいのです。

「②唯一無二か?」で例として取り上げた「養命酒」や「ミキプルーン」も、バージョンアップされることなく、ラベルもそのままで売上を上げ続けています。

「養命酒」はMLMではありませんが、「ミキプルーン」は三木商事さんが国内MLM企業です。

最初から良いものを、ずっと提供し続けているロングセラーの製品を持つ会社です。

事実、三木商事さんは国内MLM企業の売上ランキングは、アムウェイさんに続き、長年第2位を独走しています。

第3位以下のMLM企業は、手を変え、品を変え、とにかく売上を維持するために、結構な頻度で新製品を投入しています。

私は、この各社の新製品の投入情報を入手する度に、次のように思うのです。

 

「それまでNo.1と謳(うた)っていた製品って一体何だったの?」

 

やはり、製品というものは、本物だったら一度世の中にリリースした後は、新製品を出す必要すら無いのではないでしょうか?

 

VISは、18年以上も変わらぬ製品を販売し続けているMLM企業と提携しています。

 

⑦報酬を得やすいものか?


初心者でも報酬を獲得し易くすることは、とても重要です。

そもそもMLMなんて、ほとんど多くの方は経験したことがありません。

経験したことがあった方であっても、報酬を獲得したことが無いという方がほとんどだと思います。

そして、これらのMLMが採用している報酬ブランは、「ブレイクアウェイ」や「バイナリ」という報酬プランを採用しています。

ここで、ハッキリと申し上げておきましょう。

「ブレインアウェイ」も「バイナリ」も稼ぐことはとても難しいです。

「ブレイクアウェイ」は、昔ながらのスタイルであり、今の時代に生きる人達には全く合致しません。体育会系な報酬プランだと私は捉えています。

「バイナリ」は、片方に人参をぶら下げられたまま疾走する馬になれと言っているシステムです。

それぞれの特徴を、以下より述べます。




「ブレイクアウェイ」とは?

これは、アムウェイさんやニュースキンさんといった大手MLM企業が古くから採用している報酬プランです。

ひと昔前ならば、この報酬プランの威力は凄まじかったと思います。

体育会系システムだと私は思っていて、代理店になるまでにはある一定期間、厳しくビジネスに取り組む必要があるスパルタ期間が必要となります。

要は、その期間(例えば3カ月間)、売上を落とすことなく、上げ続けて組織を拡大化させているか?といった審査期間が必要になったりします。

晴れて代理店になれたと言って、ノンビリとできるものではありません。

次のリーダーを育成するために、リーダー候補の方に対し、ある程度スパルタ的な指導を行わなくてはなりませんし、代理店になれば自分自身は、その権利を維持し続けるために、常にグループ組織を確認し、そして自らが次のステージ(タイトルアップ)を図るために、新規のアプローチをし続けないといけません。


草食系男子は、絶対に手を出してはいけないシステム、それが「ブレイクアウェイ」形式の報酬プランなのです。

「バイナリ」とは?

「バイナリ」は、日本語に直訳すると「二文木」と訳す通り、左右の組織を構築して行くシステムです。

数多くのMLM企業が、この「バイナリ」の報酬プランを採用しています。

これは、MLM企業にとって都合が良いのです。

以下、よくお読みください。

バイナリの場合、組織は右と左にしか付けられないため、上層部のアップラインは、新規メンバーの登録を必ずご自身の組織の末端に配置して行くことになります。

基本、配置は片側の左側ばかりに配置していきます。

つまり、右側はスカスカ状態となり、ここはご自身で新規メンバーさんを獲得し、配置していかなければなりません。

左右のバランスの小さい側の組織(通常は、ご自身で配置する右側の組織が小さくなります)が、ボーナス算出の基本となるため、左側の組織がいくら大きくなっても、ご自身で右側を配置しない限り、ボーナスは1円も発生しない、これが「バイナリ」の報酬プランの基本的な考えです。

こうなると、左側にとてつもなく大きな組織が出来るため(何もしなくても、何千万円とか何億円といった組織が片側だけに出来る場合があります)、ユーザーは勿体なくて辞めるに辞められなくなってしまいます。

これが、MLM主催会社の狙いなわけです。

つまり、ニンジンをぶら下げられたまま、時間ばかりが過ぎていくシステム、それが「バイナリ」だと私は考えます。


 




以上、「ブレイクアウェイ」と「バイナリ」の報酬プランの特徴をざっと概説しました。

 

VISが提携しているMLM企業の報酬プランは、このどちらでもありません。

比較的早い段階から、MLM未経験者でも獲得しやすい報酬プランを提供しているMLM主催会社とVISは提携していますのでご安心ください。

 

⑧会社の人達や参加者の人達は人間性に優れているか?

実は、私はこの⑧を最も重要視しています。

 

人間性

 

です。

ここが欠落している人達とは、一切関わりを持ちたくありません。

MLM主催会社のイベント(ラリーやコンベンション等)に行くと、この部分が欠落していると思われる輩が少なからず一定数いたりします。

 

ギラギラ系

 

という輩です。

金や物に目が眩むような高級ブランド品や金銀・宝石の財宝を身に纏い、いかにも自分が成功者と言わんばかりの容姿を曝け出している人達です。

髪の毛も茶髪で、どこかのホストクラブにトップのような容姿をあえてしていたりして、その方の率いるグループ全体が、似たような雰囲気をプンプン匂わせていたりします。

乗っている車、住む家もタワーマンションの最上階だったり(私もタワマンの最上階ではありますが^^;;)、全てがラグジュアリーであり、それを魅せぶらかすような立ち振る舞いをしているわけです。

私が以前参加していた外資系MLMや、その他の古くからあるMLMには、必ず一定数、このようなチームがあったりします。

MLM主催会社の創業者がとても謙虚で人間的に素晴らしく映っていても、このような方達を見ると、どうしてもそのMLM主催会社の存在そのものを疑ってしまいたくもなりました。

 

私は、MLM主催会社の経営者やその周囲の会社関係者、ならびに、そのMLMに携わっているディストリビューター全員の人間性を必ず確認します。

VISが提携しているMLM主催会社は、その会社の経営陣や会社スタッフ、そして、MLMに携わっている人全員一人残らず人間性に優れた方々ばかりです。

 

⑨そのMLMチームは、ネット戦略を展開しているか?

最後は、やはり『ネット戦略』です。


これは、まさに VIS のことを言っています。

VISを活用してMLM活動をされているお方には、もう説明は不要だと思いますが、今どき、ネット戦略を立てていないMLM組織に属することは、これから先の時間を大きくロスさせてしまうことは間違いありません。

詳しくは、VISの仕組みをご覧になっていただきたいのですが、私自身、VISを使ったネット戦略でMLM活動を行った結果、リアルで活動していた時に5年間(60カ月)掛かっていた結果が、ナント!僅か3ヵ月で達成できました。

実に、3ヵ月/60カ月ということで、1/20の時間短縮が出来たのです。

例えば、MLMでは比較的大きな目標となる月収100万円が、リアルのみで一所懸命に活動して3年間掛かったとします(ひと昔前は、3年で月収100万を目指すことがセオリーでした)。

3年間ということは、36カ月ということになりますが、これを2ヶ月以内の1.8カ月で達成できてしまうのが、ネット戦略の凄さなのです。

なぜ、こんなことが起きるのでしょうか?

理由は、以下のようなことが挙げられると思います。

 
  • アプローチするために、その方の場所まで車や電車を使って移動しなくてはならない。
  • ABCを行う際にアップラインやお友達に日程調整を行うだけでなく、場所の選定等々にも時間や手間を要する。
  • 同じセミナーに何度も遠方まで足を運ばなければならない。
  • ミーティングやアフター等にもマメに参加しなくてはならない。
  • そもそも小さなお子さんをお持ちの主婦の方は、セミナーにすら参加できないため教育が行き届かない。 等々
 

上記は、時間が掛かるだけなく、ガソリン代やお茶、食事代、セミナー参加代等々、金銭的な経費も馬鹿になりません。

 

これからの時代に、ネット戦略を持っていないMLMチームに属して活動することなんて考えられないと思いませんか?

 

 




 

以上、MLM選定の9つのポイント(理由)について、ざっとまとめてみました。

この記事は、今後も私が気づいた点は、マメに更新して行こうと思いますので、ちょこちょこ覗いてみてください。

常に、最新状況をお届けするようにいたします。

 

最後までお読みになってくださり、ありがとうございました。

 

 

びび太

↓↓↓2つのCLICK協力お願いします↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スピリチュアルランキング
↑↑↑びび太は今何位??↑↑↑



<<vivitterオリジナル広告>>

「びび太の部屋」LINE@がオープン♪♪
ただいま、究極のネットビジネス
(※堅い権利収入が作れます)の
音声レポートを期限限定にて
無料プレゼントしています!!
↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加



SponsordLink

コメント

タイトルとURLをコピーしました